価格以外にも注意しなければいけないポイントがあります

MENU

そのサロンは個室か?それともカーテンか?

脱毛サロンは、どんなに調べても実際に受けてみないとわからないこともあります。ですが、店内のつくりから、ある程度の事は予想することができます。脱毛サロンの店内スペースで見ておきたい部分は、個室があるかどうかです。特に、VIOラインと呼ばれるデリケートゾーンを脱毛、そして全身脱毛をする場合において個室があるかどうかはとても重要です。なにせ露出度が高くなるのですから…。個室での施術でない場合は、大部屋をカーテンで仕切っておこなわれることがほとんどです。そうなると、もしも施術中にカーテンがあいてしまったら…同じ女性とはいえ嫌ですね。常に気になるのはストレスとなってゆっくりできませんし、意外とこうしたスペース上の理由で別の脱毛サロンを探す人も多いのですから、最初の段階で調べておくといいですね。

 

また、施術への不安や痛みからサロンを変える人も少なくありません。これには個人差があるので、実際に自分が受けてみないことにはわかりません。いくら口コミで「痛かった!」といった話があったとしても、もしかしたらそれは痛みに極端に弱い人の話であって、自分にはそこまで痛くないかもしれません。もちろん、逆のケースもあります。

 

脱毛は毛根に熱でダメージを与えるので、熱く感じる感覚が痛みとして感じるのです。ですから、予防法として事前に冷却ジェルなどで冷やすのはこのためなのです。事前のケアと事後のケアが大事となりますので、この部分に関してはお試しなどで実際に体験してから自分で判断するようにしないといけません。ちなみに、にきび肌やアトピー肌、敏感肌などの人は特に痛みに恐怖感を持っている傾向が強くなります。そうした、痛みに弱い人向けの脱毛方法もありますので、そうしたサロンを選ぶのも一つの方法です。

 

そして、やはりある程度の脱毛効果が感じられないと通うのが億劫になってしまいます。数回通っているのに体毛が薄くならない…なんて状態では、このまま通っていても意味があるのかどうかも疑問に感じられるようになります。もしかしたら、毛周期に合わせたスケジュールを組んでいないからかもしれません。きちんとそうした計画性もあるかどうかチェックすると良いです。


実際に体験して決める

脱毛サロンは、別のサロンに乗り換えないで継続しておこなうのが一番です。ですが、効果が感じられなかったりストレスが溜まるようなサロンでは、別のサロンに変えたほうがいいといわざるを得ません。脱毛サロンに体験に訪れた時には、まずスタッフさんがバタバタ落ち着きなく行動していないかどうかをチェック。そして、店内の設備はもちろん、既存のお客さんへの予約対応などについてもしっかりと確認しておきましょう。もちろん、施術に対しての痛みなどの程度も見ておきましょう。

 

脱毛サロンでは、経営不振による倒産という不安も大きなものとなっています。大手でも倒産する事もあるので、高額セットコース、ローンやカード払いではなく現金での支払いをなどを強く勧めてきた時は要注意。もしかしたら、倒産しそうな状態で現金を必要としているのかもしれません。