脱毛サロンで契約を結ぶときに気をつけたいポイント

MENU

契約を結ぶ前に確認したい事

脱毛サロンは星の数ほどあるほど多い今、気になる脱毛サロンをいくつか上げ、見比べてからどこにするか絞っていきます。できれば、いくつかのサロンでその施術を実際に体験してみるといいでしょう。口コミなどの体験話を参考にするのは悪くないのですが、個人差もあるのでそれが必ずしも正しいとは限らないのです。まずは自分が体験し、それから決めると失敗することも少なくなります。

 

いよいよどの脱毛サロンで施術を受けるのか決まったら、まずは見積もりを出してもらいます。脱毛サロンの料金メニューにはさまざまな項目があり、サロンによってその表記が違います。技術的な内容だけでなく、スキンケア料金や必要となるアイテム代、そしてキャンセルした際にはお金がかかるのかなど…細かいところまで計算してもらいます。その都度違う…というようなことであれば、最低限の内容での見積もりと、いろいろとオプションをつけた場合の最高額、気になるオプションをつけた場合やスキンケアアイテムを購入した場合など…いくつかのパターンで出してもらいましょう

 

いくつか見積もりを出してもらう事でどれくらいの金額がかかるのかが大体予想できますし、見積もりを出すのを嫌がるようであれば、入った後もなにかと面倒くさがってやってくれないこともあるかもしれません。スタッフの対応も見れるので、遠慮なく出してもらいましょう。

 

また、選択した脱毛コースには有効期限があるのかどうかもチェック。チケット制であれば、いつまで使えるのかも確認しておきましょう。長く通うもの、回数が多いものであると、もしかしたら途中で通えない期間が発生してしまう事があるかもしれません。女性であれば妊娠といった事が上げられます。なんらかの理由でしばらく通えなくなった場合、中途解約や返金ができるのかどうかを確認し忘れないようにしましょう。

 

そして、カード引き落としで注意したいのが、1度も脱毛にいけなかった月もいつもと同じように引かれてしまうのか…ということ。自己都合でいけなかったのならまだしも、混んでいて予約が取れずに行く事ができなかった…なんてことにでもなれば、これはサロン側の事情によるものともいえます。そうした場合での支払いはどうなるのかも要確認です。


もしもの時のクーリングオフ

契約した後に気が変わってやはり契約を白紙に戻したい…となった時にはどうしたらいいでしょうか?実は、脱毛サロンの契約はクーリングオフすることができます。ただし、契約書面を交わした日を含めた8日以内におこなわなければいけません。

 

法律では、契約したサロンに書面で通知する事で契約解除になるとされており、クーリングオフの期間が過ぎてしまった場合では中途解約といった形になります。中途解約については、8日を過ぎてから契約期間が終了するまで…いつでも可能。ただし、クーリングオフでは全額保証となっても、過ぎてしまった中途解約では一部の返金にとどまる事になりますので注意が必要です。

 

脱毛はすぐに効果を実感できるかどうかはわからないものですから、一般的には1〜2年間といった長期の有効期限や最低施術保証回数などがあるはずです。もしもサロン側が解約について同意しない場合は、消費者センターなどに相談してみるといいでしょう。